左 本間充さん、右 松下信也さん

近未来ハイスクール(3/25開催)に参加した中学生、高校生、大学生、大学院生の感想をご紹介します。しかし、その前に少し当日の様子や学生とのやりとりをお伝えしたほうが、アンケートが書かれた背景がわかりやすくなるかもしれません。

当日話をした職業人たちの8割以上は転職経験者です。長年勤めた花王を辞め、アビームコンサルティングへ移った本間さんに対し、ある学生が「転職は怖くなかったのですか」と聞いたそうです。転職はリスク、もしくは良くないことだととらえているのでしょう。本間さんの答えは「そうせざるを得ない状況だったからさ(笑)」。松下さんだって、そういう状況だったから会社員から農家になったんじゃない?と本間さん。

家族と過ごす時間を増やしたい、と農家になったサンバファーム 松下さん。学生から「農業って儲かりますか」という質問があったそうです。起業している人にとっては一言で答えにくい質問です。何をもって「儲かっている」と言えるのか。アプリが大ヒットして大金が手に入れば「Yes」と言いやすいかもしれません。しかし、高額でもなく大量生産もしない製品の場合、売り上げが伸び、社員が増えていても、それを支えるための費用や将来への投資のためのお金は出て行きます。言葉を選びながら真面目に回答する松下さんの様子が目に浮かぶようでした。

市役所で勤めるKさんは「公務員はどのようにしたらなれるのですか」と質問されました。彼女は北海道で獣医をしており、その後関東へ移り、獣医でなれる公務員ってなんだろうと考えた上、市の職員になります。後からKさんに「話はもっと公務員になるためのノウハウを入れたほうが良かったかな?」と聞かれたので、最初から何もかもを教える必要はないですよと答えました。仕事に興味を持った上で、その方法を自分からたずねる。行動変容のきっかけを作るほうが大切です。

時には熱く、適度にゆるく、そして真摯な仕事に対する職業人たちと会話することで、学生のもやもやした将来への不安や、ネガティブな固定概念を少しはずせたのではないか、とアンケートを読むと感じます。

***

好きなことを追っている人が多かった。(中学2年男子)

自由時間のときに聞いたメディアの人たちの話が印象的だった。(中学2年女子)

なかなか話が聞けない人等の話がきけた。(中学2年 女子)

どの人も言うネタがたくさんあった。いろんな話を聞けて良かったです。参考になりました。(高校1年男子)

かっこいい大人という最終形態に近づいた大人にたどり着くのに、本当にたくさんの軌跡があるんだ、と実感できました。実に面白い会でした。(高校1年女子)

全力で仕事をやりぬく、自分の意思をもつ→社会に出たらこれがないとやっていけない。己をよりもっと知る→自信がつく(大事!)目的を持ってポジティブに前向きに前に進む!この世の中には、自分が思っている以上の仕事があり、私自身視野も広がりました。このような色々な人との関わりをもててとてもうれしく思います。新しく何かを始めることは輝かしいことだと感じました。ありがとうございました。(高校1年年男子)

疑問にもつ、楽しい事を見つけることがとても大事だと感じました。全く顔を知らない人と話すことの面白さに気付いた。自分の目標に少し近づけたような気がしました。(高校1年男子)

話を聞いたそれぞれの人がそれぞれの人生観があって自分の信念を通せる人間になりたいと思えた。実にためになった。しかし、時間が少し短いような気がした。(高校2年男子)

様々な職種の人の話を聞けて、考えを聞けてよかった。(高校2年男子)

いろんな人がいるなと思った。楽しかったです(高校2年女子)

進路を決める際になりたい自分の姿を決めてからそれに向かって努力するっていうのもありなんだなって思った。なかなか普段おとなと仕事の話をする機会がないので、とてもためになった。(高校2年女子)

夢を叶えるとか職業を得るには1つとか一定ではないということを強く感じました。頭から参加できなかったのがとても残念だなあと感じました。世の中には面白い大人がいっぱいいるし、面白い人になりたいと思いました。(高校2年男子)

多様性を感じました。学校内では見えない意見が聞けてとてもよかった。(高校2年男子)

このイベントに参加して本当に良かったと思いました。今まで知らなかったこと、そしてそれをこれから実行できていけたらいいと思いました。(高校2年女子)

学歴とかすべてではない。やりたいことを見つける。職業人と学生という立場ではなく、立場の違う同じ人間としてもっと深く関わり合いたいと思った。(高校2年女子)

経験や体験から学べたことがたくさんあった。いろんな仕事のことを聞けてよかったです。(高校2年男子)

今学校で学んでいることが、将来役に立つのか疑問に思っていたけれど、ちゃんと役に立っていることが分かってよかった。緊張してうまくしゃべることが出来なかった。でも色々な話を聞けてよかった。(高校2年男子)

転職は前向きにとらえる。農業に対するとらえ方が変わりました。(高校2年男子)

仕事はみんな好きなことだけでなく新しいことにも一生懸命ですごいと思いました。(高校3年女子)

色々な人生を歩んできて、結果論として今のお仕事をされている訳だが、色々な道があることを知れて本当に良かった。(高校3年男子)

「やりたいことを実現した人」の少なさに驚きました。そしてそれが全くネガティブなことではないことにも。(高校3年男子)

職業人さんの話を聞いて、「高校時代にこの職につくと思わなかった」などが多いので、自分の将来をすごく考える必要もないと思いました。(高校3年女子)

1人1人に多くの価値観があって、多くの経験があるんだなと思った。(高校3年男子)

予想もしない進路へ進んだ人が多かった。将来かっこいい大人になるので呼んでください。(大学1年男子)

みんな常識に捉われていないと感じました。楽しかったです(大学2年女子)

どの人も、人とのつながりを大事にしていた。また、自分の決断に責任を持ち、決めた道を楽しんでいた。(大学1年男子)

様々な学年、職業の人と交流ができたことが良かったです。英語ペラペラの中高生を目の当たりにして、強い衝撃と刺激をもらいました。中高生にとっては数少ない貴重な機会だったと思います。もっともっとたくさんの学生に参加してほしいです。誘っていただいてありがとうございました。(大学1年女子)

自分より年齢の低い人でもしっかりした考えを持っている人はいるし、生きている厚みっていうのがあるんだなと思うし、尊敬するなと思いました。やはり話を一方的に聞くだけでは受け身になってしまって、聞きたい事も流れてしまう気がしていたので、今回は実際に話に参加でき、主体性があって、身についた感じがあり、そこがいいなと思いました。(浪人生)

面白い人がいっぱい(浪人生)

人生無駄なことはない(浪人生)

***

《企業の方へお知らせ》
近未来ハイスクールでは協賛を募集しています。
ワクワクする高校生との接点に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。興味のある方はこちらのページをごらんください。

《メールマガジン登録》
近未来ハイスクールのイベントやメールマガジンをご希望の方は、こちらのページからご登録ください